fbpx
BLOG

美しすぎるムーミン屋敷で
物語の世界へ!一家と会える
メッツァ ムーミンバレーパーク

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

3月16日(土)にグランドオープンする、埼玉県飯能市、宮沢湖畔「ムーミンバレーパーク」へひと足先に遊びに行きました。

◉ムーミンバレーパーク[公式サイト]
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

宮沢湖をぐるりと取り囲むかたちで「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」が隣接しており、それぞれ北欧ライフスタイルをたっぷり楽しめるテーマパークになっています。

メッツァ全体施設イメージ(ムーミン公式サイトから引用)
メッツァ全体施設イメージ
ムーミン公式サイトから引用)

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

湖あり、丘あり、森あり、広場あり… メッツァビレッジ 16.3万㎡、ムーミンバレーパーク 7.3万㎡と、自然豊かな広大な敷地で、ピクニックも兼ねて一日たっぷり遊べます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

メッツァビレッジ」は無料エリア。「Market hall」(マーケットホール)や「Viking hall」(バイキングホール)で、食事や北欧雑貨のお買い物を楽しめます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ムーミンバレーパーク方面へ足を運ぶと、セレクトショップやアーティストギャラリー「P apartment」(ピーアパートメント)があります。この並びにはスターバックスも。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ボート乗り場「Laituri」(ライトゥリ)。
ひとつひとつ、フィンランド語で表記されているのが特徴です。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

湖畔をぐるりと、気持ちの良い遊歩道が続きます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ムーミンバレーパークのゲートが近づいてくると頭上からしゃらしゃらと聞こえてくるパーカッション。見上げると、薄い木でできたウエルカムアートが、風に揺れてリズムを奏でていました。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ウエルカムゲートには、ムーミンのキャラクターをかたどった大きなモニュメントがありました。ここでみなさん、写真を撮っていました。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

さて、ムーミンバレーパーク内へ。「4つのエリア」に分かれています。

ゲートをくぐったところにある「POUKAMA」(ポウカマ)、劇場やアトラクションが並ぶムーミン谷「MUUMILAAKSO」(ムーミラークソ)、展示やワークショップを楽しむ「KOKEMUS」(コケムス)、アスレチックやジップラインで遊ぶおさびし山「YKSINÄISET VUORET」(ユクシナイセットブオレット)。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

手前に見える半球状の建物が、ライブエンターテイメントを楽しむ野外小劇場「Emma teatteri」(エンマ テアッテリ)、奥に見える格子柄の建物が「KOKEMUS」(コケムス)です。コケムスにはさまざまな展示やワークショップ、レストランやショップが入っています。

コケムスでランチとお買い物

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

コケムスの中は広く、大きな雑貨エリアにはムーミンファン垂涎もののグッズがたくさんありました。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

子供もの頃から『ムーミン谷の仲間たち』シリーズを愛読してきた身としては、どれもこれも、ものすごーーーく買いたかったのですが、残念ながらこの時点では準備が整っておらず、泣く泣く買うことを断念。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

お土産に人気の出そうな、ムーミン屋敷デザインのクッキー缶。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

「ムーミン谷の食堂」という意味の「Muumilaakso ruokala」(ムーミラークソ ルオカラ)。パーク内レストランです。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

カレーや、

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ホットドック、可愛いスイーツもたくさんありました。

ムーミン屋敷がとにかくすごい!

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

コケムスの前にあるのは、あ、あ、あ、あの、ムーミン屋敷!!! ムーミンパパが自ら設計して建てたというアレです! フィンランド語「ムーミンタロ」。ここは、パークきっての目玉施設で、別途チケットを購入して案内してもらいます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

近くに寄っても、感動….。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

煙突から煙が出てる!?

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ハンモックや洗濯物がぶらさがっていて、本当にムーミン一家が住んでるようです。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

綺麗なツアーガイドさんに屋敷の中を案内してもらいました。地下を入れて4階建て。
1回につき約20分、6名ひと組でふた組づつ案内するそうです。チケットは時間予約制ですが、案内できる人数に限りがあるだけに激しい争奪戦が予想されるので、前もってチケットを購入しておきたいところです。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

中は人間サイズ。私たちがムーミンサイズ(著者のトーベ・ヤンソン曰く”電話帳”サイズ)に縮小して、遊びに来た設定です。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

1階のダイニング。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ママのキッチンでは、北欧の定番料理ミートボールが、作りかけのまま放置されました。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

こうこうと燃える暖炉。危なくないのかな? と近づいてみると、揺れる水蒸気に赤い光をあてたリアルなイミテーション暖炉。屋根の煙突から出ていたのも水蒸気だったんですね。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

インテリアや小物は、クリエイティブディレクター川崎さんが、原作の世界をとことん忠実に再現するために、フィンランドや英国から10日がかりで買い付けてきたものばかりだそうです。このまま住みたくなるくらい、すばらしい内装でした。
雨の日は休館にしたい、という声が出たとか出なかったとか…。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

絵画もたくさん飾られていました。これは、繊細で真面目な、フィリフヨンカの肖像画ですね。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ムーミンママの寝室。ベッドに上に置いてあるのは、ムーミンママがいつも大切にしている、あのハンドバッグ?!

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

中には、物語と同じ、乾いたくつ下が! あとは、ハンカチ、裁縫道具など。細部へのこだわりが半端なくて感動ものです。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

こちらはゲストルーム。泊まりたいですねー。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

そして、ムーミンのお部屋! ウミウマ(フラワーホース)の描きかけのスケッチ、船や灯台のオブジェなど、男の子の冒険心があふれる部屋です。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

みな、写真をバシャバシャ。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

屋根裏部屋は、ムーミンパパの書斎。パパは自分が上ぼると、するする縄ばしごをあげてしまうそうです。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

秘密の鍵でムーミンパパ愛用のトランクを開くと…
とても素敵なギミックが隠されているのですが、ぜひ、現地で体験してくださいね。

海のオーケストラ号で映像体験

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ムーミン谷エリアには、大きなシアターもあります。プロジェクター複数台を駆使した臨場感のある映像で「海のオーケストラ号」に乗って若き日のムーミンパパの冒険の追体験ができます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

入り口には「海のオーケストラ号」の設計図がところ狭しと貼られていました。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

発明家のフレドリクソンさんがつくったこの蒸気船で、ムーミンパパは冒険に出たのでした。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

壁一面の3Dアニメーションも迫力満点ですが、

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

壁から海のオーケストラ号のオブジェが登場したり、床一面にも映像が走り、大海原へ漕ぎ出すシーンでは水しぶきが飛び、大人も子供も大迫力の映像を楽しめます。

おさびし山にはアスレチックやジップライン

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

ムーミン谷エリアを抜け、おさびし山エリア「YKSINÄISET VUORET」(ユクシナイセットブオレット)上がっていくと、アスレチックやツリーハウスの公園があります。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

アスレチックのデザインもめちゃくちゃ可愛い!

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

頂上からはジップラインで宮沢湖の向こう側へスリリングにスライド!

エンマの野外劇場

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

エンマの劇場「Emma teatteri」(エンマ テアッテリ)では、ムーミンやその仲間たちによるライブエンターテイメントが公演されます。

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

劇中、観客席へやってきたり、

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

おなじみのメンバーが揃った楽しい冒険劇を繰り広げていました。

ムーミンの世界にどっぷり浸れるとても楽しいテーマパークでした!

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

帰りは、ムーミンパパの水あび小屋を、名残惜しく通り抜けながら、

埼玉県飯能市宮沢湖 メッツァビレッジ(metsa) ムーミンバレーパーク(Moomin Valley Park)ムーミン屋敷

湖に映るすばらしい夕日を見ることができました。

自然も、楽しいアトラクションもいっぱいで、メッツァビレッジと合わせると、朝から晩まで飽きることなく一日たっぷり遊べる、素晴らしいテーマパークでした。

◉ムーミンバレーパーク[公式サイト]
https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/
埼玉県飯能市宮沢431-3-58(Google Mapを開く)
アクセス:https://metsa-hanno.com/access/
営業時間:10時〜20時 ※土日祝営業・臨時休業あり
チケットの予約:オンラインチケット予約ページへ
入場料・チケット 大人 1,500円(税込) こども 1,000円(税込)
※別途有料アトラクションあり
ホテルは飯能駅周辺にもあります。バスツアーもあるとのこと。

◉メッツァビレッジ
https://metsa-hanno.com/metsavillage/
営業時間:10時〜21時 ※土日祝営業・臨時休業あり


このブログは、お財布レス 背面ポケット型iPhoneケースブランド「RAKUNI」(ラクニ)のオウンドメディアとして運営しています。

ラクニ キャッシュレス iPhoneケース

お財布いらずの手ぶらiPhoneケース「ラク二」

クレカ、キャッシュ、これひとつ一元管理で、無くさない。使いやすいさをとことん追及した手ぶらiPhoneケースです。

> 製品のご紹介へ